LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

くびれの作り方教えます!!寝る前5分の簡単エクササイズ

by mai | 0 comments

くびれの作り方教えます!!寝る前5分の簡単エクササイズ
女性にとって綺麗なくびれはあこがれです。身体を資本とした職業のモデルやグラビアアイドルなどは特に、いかに綺麗なくびれを作るかが大事でしょう。でも、普通の主婦だってくびれは欲しいです。寝る前の5分の時間で簡単に出来る簡単エクササイズをご紹介します。

普段甘やかしているおなかを、1日5分という時間でも集中してエクササイズを行うだけで、段々と効果が出てくるのです。寝る前5分という時間ならば忙しい人でも日常的に続けられますよね。くびれの作り方を知って、忙しい人もくびれ美人を目指しましょう!



 

くびれの作り方教えます!!寝る前5分の簡単エクササイズ

 

バンザイ体操で作るくびれの作り方


①足を肩幅に開いて立って、かかとをしっかりと床につけた状態で息を吸いながら両手をあげましょう。
②両手をしっかり伸ばした状態になったら、静止し、息を吐きながら肘を伸ばしてさらに上に引っ張られるような感じで両手をあげ、バンザイの格好にする。この時、かかとは伸ばさず床につけたままの状態をキープ。
③再び息を吸いながら両手を下ろして呼吸を整えましょう。以上を1回5セット、1日に3回ペースで行うと、くびれがだんだんと出来てきます。

 

腹式呼吸はくびれに効く


「ロングブレスダイエット」が一時流行したように、呼吸というのは大事で、「複式呼吸」はくびれに効くんです。

①ウエストに手を当て、深呼吸をする(このとき、意識してお腹を膨らませます)
②「スッ」「スッ」「スッ」「スッ」と小刻みに10回くらいにわけて吐き出す(この時、意識してお腹をへこませるのがポイントです)これを毎日1~2分行うだけで効果が出てきます。

 

三種類のエクササイズでくびれを作ろう


くびれは女性にとって大事です。体を資本とする職業の人(モデルやグラビアアイドル、インストラクターなど)は特に美しいくびれを目指しています。「ひねり式ダウン腹筋」や「「ダウン腹筋」といった王道の運動に加え、「バンザイ背筋」という運動します。

これは、据わった状態から下ろす腹筋運動で、お腹周りの前と横を刺激して、うつ伏せでねた状態から、両手を交互に上げるエクササイズで腰部分や背筋部分、そしてお尻の筋肉を刺激します。これら3種類の運動はくびれをつくる筋肉を満遍なく刺激するので、1日5回で腹筋100回行う以上の効果が期待できるのです。

 

フラフープで美しいくびれの作り方


フラフープはダイエット効果があり、注目されています。フラフープを回すことによって、インナーマッスルを鍛えて、締りのあるお腹にすることによって綺麗なくびれを作ります。まずは正しい回し方を覚えましょう。

①フラフープをまわす方向の足を前に半歩出して立ちます。両膝を気持ち曲げましょう。
②背筋を伸ばし、胸を張って正面をまっすぐに向きます。フラフープは背中の腰の位置につけます。背中の高い位置でまわし始めないように気をつけましょう。
③背中の上のほうにフラフープをつけてから押し出すと、ぐらついて回せません。自分のスパイラルの方法にフラフープを軽く引きます。引いたフラフープを手のひらで軽く押し出します。
④腹筋を使ってフラフープを押します。腹筋が分からない時は、お腹で前に押し出して下さい。リズムをつけて腹筋と背筋だけでフラフープを押し続けます。この時、できるだけ上半身と腰を動かさないでおなかだけで押すように頑張りましょう。

 

フラダンスで楽しみながらくびれを作ろう


フラダンスのくびれ効果は世間でも認知が広まっていますが、まだまだ知らない人も多いので楽しみながらフラダンスしてくびれ美人になりましょう。

①背筋を伸ばして立ち、両足をこぶし1個分に開けて、まっすぐ姿勢をキープしたまま腰を落とし手を腰に当てます。
②腰を落としたまま左にぐっと引き上げて、後ろ、右、前、左、後ろ、右と半時計まわりに濃しを一周半回します。
③腰を右、後ろ、左、前、後ろ、左と時計回りに一周半の②と③を5セット行います。腰の高さをキープしながら、前後左右の各ポイントを意識して腰をまわすと効果が高いです。お尻を引き締めながらやりましょう。上半身がぶれないようにするのがポイントです。

 

寝たままくびれエクササイズ


①布団の中で仰向けに寝て、両手を横腹におきます。
②足をゆっくりと持ち上げ、左右に大きく揺らします。
③限界まできたら、ゆっくりと下ろします。足を上げる高さは自分のやりやすい高さで大丈夫です。

布団の中なので足はあまり高くあげられないと思いますが、自然と負荷がかかるのでちょうど良いでしょう。慣れた頃にの時に足で八の字を書いたり1~10の数字を書くのも効果的です。

 

8の字で作るくびれエクササイズ


①足を肩幅に開き、お腹とお尻に力をいれます。
②腰を左前に突き出し、次に右前に突き出して、8の字を書いていきます。

インナーマッスルを意識しながら行うことがポイントです。8回を1セット、1日8セットぐらい行うと効果があるでしょう。

 

いかがでしたか?

寝る前のほんの5分という時間で、簡単にできるエクササイズをご紹介しました。5分ならば、続けられる気がしますよね。綺麗なくびれを5分のエクササイズで手に入れてしまいましょう!

 

まとめ

くびれの作り方教えます!!寝る前5分の簡単エクササイズ

・ バンザイ体操で作るくびれの作り方
・ 腹式呼吸はくびれに効く
・ 三種類のエクササイズでくびれを作ろう
・ フラフープで美しいくびれの作り方
・ フラダンスで楽しみながらくびれを作ろう
・ 寝たままくびれエクササイズ
・ 8の字で作るくびれエクササイズ





コメントを残す

Required fields are marked *.