LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

誕生日に送るメールでギュッと距離を縮める7つの文案

by mai | 0 comments

誕生日に送るメールでギュッと距離を縮める7つの文案
誕生日は誰にとっても大切な日です。家族にしても、恋人にしても、友達にしても「おめでとう」と言われれば、とても嬉しく思いますよね。

それまで何とも思っていなかった人であっても自分の誕生日にメールをもらうことで、気持ちを向かせることができるので、誕生日メールで距離を縮めるためのオススメな文案をご紹介いたします。



 

誕生日に送るメールで
ギュッと距離を縮める7つの文案

 

その1: 言葉だからこそ伝えられる思いを

誕生日に「おめでとう」となかなか言えないのであれば、メールを使いましょう。自分の誕生日を知っていてくれたということでも十分喜ばれるのですが、送る文面はやっぱり素直に「おめでとう」という気持ちと、「アナタにとって、幸せな1年でありますように」という、相手がいい歳を過ごせるような祈りのメッセージを付けることでグンっと印象はよくなります。

 

その2: 送る時間をきちんと考えることは大切

相手の誕生日になった瞬間に「おめでとう」という誕生日メールを送る人がいますが、誕生日になった瞬間というのは深夜の0時です。これはロマンチックにも一見思いますが、実際は「迷惑極まりない行動」だということを知っておきましょう。

こんな時間に送ってしまっては、距離が縮まるどころか迷惑な女になってしまいますので、送るのであれば、当日の昼が理想です。朝でもいいかと思いますが、朝はほとんどが出勤の用意などでバタバタとしている時間帯ですので、昼休憩くらいのときに送ってあげるのがいいかと思います。

 

その3: 年齢には触れないような文面にしてあげる

誕生日は嬉しい記念日です。しかし、言いかえれば「1つ年を取った」ということになります。人によっては、年齢に触れられるのが嫌な人もいますので、できるだけ年齢に触れないような文面にしてあげるようにしましょう。ダイレクトに「年を取ったね」なんて言ってしまうのはナンセンスです。

誕生日メールにネガティブな言葉を入れないようにしてくださいね。「○歳になって年取ったけど、おめでとう」ではなく、もし年齢に触れるのであれば、「○歳になっても素敵な××さん(君)」というようなプラスになる表現を入れてあげると全然違いますね。

 

その4: 10代~20代にオススメな誕生日メールの文案

10代~20代はまだまだ素直に自分の気持ちを表現をしてもかわいい年齢です。逆にその方が年相応でいいと思います。誕生日に何か一言付け加えることで、相手の心はギュっと縮まるのではないでしょうか。

たとえば、「誕生日おめでとう。いつも私を支えてくれる××君に感謝しています」や、「誕生日おめでとう!私から祝福のキスを送ります」というような、ちょっとびっくりするような文面を書いて、デコメールを送るのもありですね。

 

その5: 20代後半からのオススメ誕生日メールの文案

20代後半からはやはりちょっと大人っぽくメールを送りたいものですね。「おめでとう~」でもいいのですが、ちょっと幼稚さがありますので、シックに決めていきましょう。

たとえば、「お誕生日おめでとうございます。これからも素敵な××さんの隣で支えていけれるといいな」と書けば、友達や同僚の関係であっても「ん?」という風になるでしょう。

また、「誕生日おめでとう。ずっと変わらないあなたを見ていたいです」というのも、心に響くメッセージなりますね。

 

その6: どんな内容で送っていいか迷ったときは

メールの文面を考えているとき、どんな内容で送っていいかわからなくなるときがあるかと思います。素直な気持ちを書いて送ればいいとわかっていても、それだけじゃちょっと物足りないなと感じたりして、気付いたら数時間たっていた!・・・なんてこともよくあるケースです。

書く文面に悩んだら、以下のようなことをベースにして書いてみると書きやすくなるかと思います。

誕生日を祝う言葉
日頃の感謝の気持ち
どんな風でいて欲しいか
ありがとうの気持ち

上記をベースにして、自分の気持ちをあてていくわけですね。「誕生日おめでとう。いつも私を元気づけてくれるアナタにいつも感謝しています。これからも、変わらないアナタでいてください。アナタが生まれてきたことに感謝し、この1年がアナタにとって良い1年でありますように・・・。」という感じですね。

 

その7: 誕生日だからこそメールできっかけを作る

相手とそれほど仲良くなかったとします。しかし、相手に近づきたい・・・そういう時こそ、気軽に送れるのが誕生日メールです。

普段、そこまで親しくない相手にメールを送られたら「誰?」となりますが、誕生日に「今日誕生日だって聞いてメールしました! 改めまして、おめでとうございます! あんまり話したことがないんですが、これからもよろしくお願いいたします」みたいな感じで送ることで、「誰?いきなり何?!」ということはなくなるでしょう。

ちなみに、デコメールというのがありますが、誕生日メールにはほんのちょっと、アクセントとして使うくらいにするといいでしょう。デコの多様は見づらくなってしまいますので結果的に残念なメールになってしまう可能性が大です。

 

いかがでしたか?

このように、誕生日にメールを送るということは、仲良くなるきっかけや自分の思いを素直に伝えるのに最適なものになるんですよ。普段は勇気が出なくてやれないことも、ちょっと勇気を振り絞ることで、道は開けてくるのです。

 

まとめ

誕生日に送るメールでギュッと距離を縮める7つの文案

その1: 言葉だからこそ伝えられる思いを
その2: 送る時間をきちんと考えることは大切
その3: 年齢には触れないような文面にしてあげる
その4: 10代~20代にオススメな誕生日メールの文案
その5: 20代後半からのオススメ誕生日メールの文案
その6: どんな内容で送っていいか迷ったときは
その7: 誕生日だからこそメールできっかけを作る


Twitter Facebook で この記事をみんなに知らせよう!




コメントを残す

Required fields are marked *.