LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

コーヒーダイエットはマジで痩せる?気になる効果の真実

by mai

コーヒーダイエットはマジで痩せる?気になる効果の真実
コーヒーダイエットというキーワードを最近よく耳にする方も多いと思います。だからと言って「飲めばいいんでしょ」とガブガブ飲むだけではすぐに胃を痛めてしまうだけです。とは言え、コーヒーは本当にダイエットに効果があるのでしょうか。ここではより効果的にダイエットを行うために、コーヒーの効果からその真実を紹介します。



 

コーヒーダイエットはマジで痩せる?気になる効果の真実

 

ダイエットに効果的なのか


コーヒーにはカフェインという成分が含まれており、そのカフェインこそが脂肪燃焼を促進する作用があります。コーヒー好きな方にとってはとても嬉しい効果ですよね。しかし、ただコーヒーを飲むだけでは効果は発揮されません。では、効果的な飲み方について確認していきましょう。

 

飲み方に気を付ける


コーヒーが燃焼効果があるとはいえ、砂糖たっぷりミルクやホイップをたっぷり入れて飲んでしまうと、当然ながらカロリーオーバーでダイエットにはむきません。しかし、どうしてもブラックは飲めないという方には、砂糖の代わりのオリゴ糖を入れましょう。オリゴ糖は乳酸菌を増やす効果があり腸内環境をきれいにしてくれますので、ダイエット効果を促進させる効果があります。

砂糖よりは若干お高めですが、薬局やスーパーなどで800円前後で購入できます。また、ミルクの代わりとしては豆乳やスキムミルクをを入れましょう。カロリーも抑えることができ、脂肪分も少ないためヘルシーです。豆乳を温めてホイップすると、優しいラテになります。カフェ等でも豆乳に変更できるお店も最近多いので、試してみてくださいね。

また、コーヒーを飲む際は必ずホットで飲みましょう。アイスコーヒーは体を冷やしてしまい、ダイエットには向きません。

 

運動をする30分前に摂取


先ほどお伝えしたように、カフェインには脂肪燃焼効果を高める作用があるため、運動をする前に飲むことでよりダイエット効果を高めてくれるのです。ただし、脂肪燃焼効果とコーヒーの摂取量は比例しませんので、運動前には大量に摂取するのではなく、1杯をゆっくりと飲むようにしましょう。

 

食べ過ぎをセーブ


コーヒーを食事前に飲むことで、カフェインの働きにより食欲をセーブすることができるので、お食事の量を減らしたいと思っている方は試してください。但し、空腹時にブラックの濃いコーヒーをがぶがぶと飲むと胃の粘膜を痛めてしまう可能性があるので、1杯のコーヒーをゆっくりと飲んでください。

 

だらだら喰いをストップ


食後にコーヒーを飲むことを習慣にすることで、食べた後のコーヒー=食事は終わり!と脳にインプットさせることができ、コーヒーを飲んだ後にだらだら食べたくなる衝動を抑えることができます。お食事の後のコーヒーは胃を満足させてくれますので、ランチだけではなくディナーの後にもコーヒーを飲む習慣をつけましょう。

 

タイミングに注意することでより効果UP


コーヒーの抗酸化効果や脂肪燃焼効果は、4~5時間ほどで無くなります。効果を持続させたいのなら3~4時間ごとに1杯ずつ飲むのがオススメ。つまり朝食、昼食、お茶の時間に飲めばOKという事です。

 

美白効果を促進する効果が


コーヒーに含まれているポリフェノールが紫外線などによる活性酸素の発生を防ぎ、メラニン色素が過剰に作られるのを予防してくれます。コーヒーを毎日2杯飲んでいる人は、飲んでいない人に比べてシミが圧倒的に少ないという検証結果もあるそうですよ。

 

嬉しい効果


ダイエット効果以外にもこんな嬉しい効果があります。

・脳の血流が良くなり偏頭痛を予防したり、脳の疲れをとって集中力を高めてくれます。
・ポリフェノールが、消化器系のガンや糖尿病の予防します。
・胃酸の分泌を活発にして消化を助けます。
・ビタミンB群の一種である「ニコチン酸」が善玉コレステロールを増やし、動脈硬化を抑えます。
・肝臓の働きを助け、飲酒によるダメージを軽減して、二日酔いを早く回復します。

コーヒーを飲むことで健康効果もUPすることができるんですね。

 

注意したいこと


・1日4杯以上飲む。健康に良くてもコーヒーは刺激の強い嗜好品です。麦茶感覚でガブ飲みしてはいけません。
・水分補給として飲む。コーヒーは利尿作用が強く、水分補給にはなりません。
・タバコを吸いながらコーヒーを飲む。タバコにより胃粘膜がダメージを受けているので、そこにコーヒーを入れるのは危険です。
・胃潰瘍や逆流性食道炎などの人はコーヒーを控えてください。胃酸の分泌がダメージになります。
・貧血症の人は注意!コーヒーや紅茶、緑茶に含まれる「タンニン」には鉄分の吸収を妨げる作用があります。貧血症の人は食後30分待ってから飲みましょう。

 

いかがでしたか?

身近に手軽に飲めるコーヒーが、ダイエット効果や美白効果があるということは嬉しいですよね。ただ、最後にお伝えしたようにコーヒーを飲む際に気をつけないといけない事項がありますので、自分の体調や生活習慣に合わせてコーヒーとお付き合いしてくださいね。

 

まとめ

コーヒーダイエットはマジで痩せる?気になる効果の真実

・ ダイエットに効果的なのか
・ 飲み方に気を付ける
・ 運動をする30分前に摂取
・ 食べ過ぎをセーブ
・ だらだら喰いをストップ
・ タイミングに注意することでより効果UP
・ 美白効果を促進する効果が
・ 嬉しい効果
・ 注意したいこと





Comments are closed.