LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

別居状態から復縁を望むなら、まず最初に行うべき7つの事

by mai | 0 comments

別居状態から復縁を望むなら、まず最初に行うべき7つの事

愛を誓い合い同じ屋根の下で暮らし始めた2人が価値観の不一致や、何かしらの理由で別居という道を選んでしまうこともあります。

しかし、最初は別居がベターだと感じていても、時間が経つにつれお互いのわだかまりや距離を開けたことにより見えなかった部分が見え、復縁を望むようになることもあります。

一度は離れ離れになっても、別居を切っ掛けに復縁する夫婦も実は沢山いるのです。

今回は現在別居状態で、復縁を望む人に最初に行って欲しい事をご紹介します。最初は縁があって一緒になった訳ですから、復縁は意外と簡単かもしれません。



 

別居状態から復縁を望むなら、
まず最初に行うべき7つの事

 

復縁する事を決意する


別居状態から復縁を望むなら、まず最初に気持ちを固めてください。「今度は何があっても復縁するまで諦めない」と誓ってください。別居に至るまでには、様々な困難があったはずです。

例えば、相手の浮気がきっかけで別居に至ったということもあるかもしれません。浮気は許せないという人も多いでしょう。でも復縁を望むなら、全てを受け入れ、許し、乗り越えていく覚悟が必要です。

あなたにはその覚悟がありますか?これから、辛い出来事が待ち受けているかもしれません。それでも復縁したいと思えますか?

別居状態から復縁を望むなら、復縁するまで諦めない覚悟と意思をしっかりと持つことが大切です。

 

今やってはいけないことを知る


別居状態になった経緯にもよりますが、きっと様々な出来事があったことでしょう。お互いが冷静に考える時間を作るために、別居という方法を選んだはずです。

別居状態になってすぐは連絡を控えましょう。そして、相手が連絡してきたら、真摯に向き合いましょう。また、子供のような幼稚な言い合いは控えてくださいね。

別居状態になって、充分な時間が経っているのなら、こちらからアクションをするべきです。しかし、相手の言い分を聞かず、自分の意見ばかり言わないように気をつけましょう。

 

別居の原因を冷静に把握する


なぜ別居に至ったのか、はっきりと理解できていますか?相手の浮気や、ご自身の失敗など、明確な別居原因がある方も多いでしょう。

明確な原因がある場合は、二度と同じ失敗を繰り返さないようなアイデアを思いつけば、復縁は可能です。

しかし、喧嘩やすれ違いが続き、なぜか分からないが別居に至ってしまったという方もいるのではないでしょうか。理由が分からないままでは、復縁は難しいです。

なぜ別居に至ったのか、当事者同士で原因を把握することが大切です。もし、当事者同士での話し合いが難しい状況なら、親しい親友や兄弟姉妹など、第三者に相談してみましょう。

あなたが信頼している相手なら、意外とシビアで重要な意見を言ってくれるかもしれません。そして、別居の原因から目をそらさずに、解決法を考えましょう。

 

自分の立場を理解する


その1からその3までの事を行ったら、次は復縁のために動き出していきましょう。復縁する為には、自分の立場を理解することが大切です。

別居に至った原因は様々だと思いますが、どちらか一方だけが悪いということはありません。大人同士ですから、どちらにも責任があったはずです。

お互いに責任があるということを理解して、もし相手の浮気などで別居に至ったとしても、被害者のような顔をしてはいけません。

また、ご自身に大きすぎる過失がある場合は、しっかりと反省しましょう。相手を傷つけてしまったということを絶対に忘れてはいけません。

復縁を望むのなら、しっかりと自分の立場を理解し、自分自身にも責任があるということを認めてください。

 

別居から2~3ヶ月は距離をおく


復縁の話し合いを始める時期は、別居を始めてから2~3ヶ月以降がいいでしょう。いくら復縁したくても、別居し始めてすぐでは、冷静な話し合いができません。

まだ相手の怒りが冷めていないかもしれないからです。そして、あなた自身も別居の原因や、あなた自身を見つめ直す時間が必要です。焦りは禁物です。

復縁を望むなら2~3ヶ月は連絡を控え、それ以降に具体的な話し合いを行ってください。

 

きちんと本音で話し合う


別居前はできなかった話も、別居という冷却期間を置いたことで可能になっていることが多いです。冷静かつ真剣に話し合いましょう。

いくら復縁したいからといって、執拗に復縁を迫ると話し合いが成立しません。相手の意見にしっかりと耳を傾け、あなたも別居中に思ったこと、改善できること、そして謝るべきことを伝えて下さい。

復縁を申し出るのは、別居の原因が解決してからです。まずは別居に至った原因について、徹底的に話し合い、防止策を話し合いましょう。

お互いが円満に解決することを望んでいるなら、すんなりと復縁に向かって話が進んでいくはずです。

もし、相手が復縁を望んでいない様子でも諦めてはいけません。冷却期間を再び作っても良いでしょう。

 

別居期間は1年を過ぎないようにする


本音で話し合ってみても、相手が一向に本音で話してくれないという場合は、冷却期間をもう一度作る必要があります。つまり、別居状態を継続するということです。

しかし、別居期間が1年を過ぎてしまうと、精神的に相手と距離が大きく離れてしまいます。実際、1年以上別居した夫婦が復縁出来る可能性は低いという現状があるのです。

どんなトラブルがあっても、真剣に相手と向き合い、復縁しましょう。絶対に復縁する!と誓って、頑張ってください。諦めなければ、1年以内に復縁することは可能です。

 

いかがでしたか?

別居からの復縁は難しいと思われがちですが、そうではありません。諦めない気持ちがあれば、復縁は可能です。

今回お話した事を参考に、別居から絶対に抜け出し、そして今より強い信頼関係をパートナーと築いてください。しっかりとコミュニケーションをとり信頼を築ければ別居の先には離婚ではなく、ハッピーな結末が待っています。

 

まとめ

別居状態から復縁を望むなら、まず最初に行うべき7つの事

・ 復縁する事を決意する
・ 今やってはいけないことを知る
・ 別居の原因を冷静に把握する
・ 自分の立場を理解する
・ 別居から2~3ヶ月は距離をおく
・ きちんと本音で話し合う
・ 別居期間は1年を過ぎないようにする





コメントを残す

Required fields are marked *.