LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

好きな人が夢に出ても要注意な7つのシチュエーション

by mai

好きな人が夢に出ても要注意な7つのシチュエーション「好きな人が夢に出てきた!」恋する人が夢に出てきたら、誰だって嬉しいですよね。現実ではなかなか叶わないシチュエーションだったりすれば、なおのこと幸せでたまらなくなってしまうはず。また、そんな嬉しい夢とは反対に、好きな人と喧嘩したり告白が失敗したりして、とても悲しい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

だけど、そんな夢の内容を、そのまま受け取ってもいいのでしょうか?夢はいろんなことをあなたに教えてくれます。時には、見たままの意味だけでなく、隠された意味や、まったく反対の意味になってしまうこともあるんです。夢の意味を知るためには、好きな人が出てきたシチュエーションが大切です。そのシチュエーションによっては、実は喜んではいけない要注意の場合もあるんです。

夢の意味を正しく理解して、これからどうするべきかを知りましょう。



 

好きな人が夢に出ても
要注意な7つのシチュエーション

 

好きな人の夢は「逆夢」


好きな人が出てくる夢は、実は「逆夢」ということを知っていましたか?逆夢というのは、逆の意味を暗示している夢ということです。好きな人が出てくる夢は、一般的に「逆夢」だといわれています。これは、大原則ですから、ぜひ覚えていてください。

たとえばあなたの夢に好きな人が現れたとしたら、すごく嬉しいですよね。しかもそれが楽しい夢だったら、こんなに嬉しいことはないって思うでしょう。しかし、実際が逆の意味を暗示していますから、楽しい夢であればあるほど要注意。夢の中でいい関係であったとしても、現実では、関係が壊れてしまうことを予知していることがあります。

いい夢を見てからしばらくは、その人との関係に気をつけるようにしましょう。

 

悪い夢でもいい暗示かも


前述のとおり、好きな人の夢は、意味が逆になります。好きな人に振られたとか、そっけなくされたとか、とにかく冷たくされた・・・そんな夢を見たとしたら、きっと目が覚めてから、思い切りへこんでしまいますよね。現実でも、好きな人へどんな態度をとっていいのか戸惑うかも。

だけど、「逆夢」だということを知っていれば大丈夫。夢を思い出すと悲しくなってしまっても、「どうせこの人は私のことを嫌いなんでしょ」と卑屈にならないように、前向きな気持ちに切り替えて、相手に接するようにしましょう。

 

いい夢ほど「代償夢」


好きな人といい関係になった夢を見たら嬉しいですよね。だけど、そういう夢は「代償夢」であることがほとんどと言われています。「代償夢」とは、現実では起こりえない願いが、夢の中で叶った状態。つまり、夢の中でストレス発散していると言うことです。

はっきりいってしまえば、あなたの願望が現れただけ。特に、告白されたり、肉体関係を持ったりする夢は、「代償夢」の代表格です。しかも、好きな人の夢は「逆夢」という原則から言えば・・・とても喜べない夢ですね。

 

逃げる夢なら期待できる!?


せっかく好きな人が夢に現れたのに、なぜか逃げてしまう・・・そんな夢を見たら、チャンスかも。何かから逃げると言う夢は、その相手から興味を持たれたということを暗示しています。あなたが好きな人から逃げる夢を見たら、それは好きな人があなたに関心があることを予知しているのかも。

ただ、それが「怖い」という感情を伴った夢なら別です。怖い夢は「悪夢」ですから、その好きな人は、あなたに対してよくない感情を持った人ということを暗示しているかもしれません。

 

空を飛ぶ夢は楽しくてもダメ


好きな人と空を飛ぶ夢を見たら、きっと素敵ですよね。空中デートってロマンチック♪と、朝からテンションマックスになるかも。だけど、残念ながら夢の中で「空を飛ぶ」というのは「不可能なことの象徴」だったりします。それは恋人関係だけでなく、夢占いで全般的に言われることなので、覚えておくといいでしょう。

好きな人と空を飛ぶという夢は、好きな人と一緒にいることができないということを暗示しているのかもしれません。

 

駅や空港が出てくると別れの暗示


駅や空港は、2人の運命が分岐することを暗示していると言われています。もし好きな人と駅や空港など、たくさんの行先が選べるような場所にいる夢を見たら、2人の進む道が分かれてしまうことを予知している可能性が大です。

特にそれが、2人で楽しい旅行に出かけるぞ!という夢ならば、「逆夢」の原則からも、とてもいい意味を期待できるものではないでしょう。

 

ただの思い過ぎってことも・・・


ここまで、色々と夢の暗示することを紹介してきましたけど、そもそも夢には私たちに将来のことを教えてくれる以外にも働きがあります。それは、記憶の整理。私達の脳は毎日、たくさんの情報を処理しています。夢は、毎日入ってくる情報を、脳がいるものといらないものに整理する働きの現われとも言われています。

たとえば、「今日は彼と話した!」ということがあった日に、彼と話す夢を見たとすれば、それはあなたの中で「彼と話した」というエピソードが強烈だったせいかも。脳がそれを忘れないように、記憶の引き出しに整理してくれているのかもしれません。

夢でこういうことがあったからと、暴走しないように気をつけましょう。

 

いかがでしたか?

好きな人が夢に出てきても、そのまま喜べない、要注意なシチュエーションを紹介しました。だけど、こんな夢を見たからと言って、すぐに好きな人を諦める必要はありません。夢は、あなたへの深層心理からのメッセージです。

つまり、「今のままだとこういう結末になるかもしれないから、気をつけてね」という警告なのです。大事なのは、このメッセージをどう活用していくかと言うこと。好きな人とのこれからをいいものにしていくのは、あなた自身の力が全てです。

夢はあなたの将来を決定するものではないということを、絶対に忘れないようにしましょう。

 

まとめ

好きな人が夢に出ても要注意な7つのシチュエーション

・ 好きな人の夢は「逆夢」
・ 悪い夢でもいい暗示かも
・ いい夢ほど「代償夢」
・ 逃げる夢なら期待できる!?
・ 空を飛ぶ夢は楽しくてもダメ
・ 駅や空港が出てくると別れの暗示
・ ただの思い過ぎってことも・・・





Comments are closed.