LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

別れても好きな人と繋がってたい!!自然に感じる連絡方法

by mai | 0 comments

別れても好きな人と繋がってたい!!自然に感じる連絡方法

初恋の人と付き合って結婚する・・・すごく理想的ではありますが、なかなかそううまくはいかないのが現実というものです。

縁があってお付き合いをしても、時間が経つにつれて距離ができ始めて気がついた時には彼氏から別れを告げられてしまう。別れても好きな人への気持ちが残ってしまう悲しい事が起きる可能性は誰にでもあります。

一度は別れてしまったけど、好きな気持ちがなかなか消えず「やっぱり復縁したい!」そう思い始めてしまった時、一体どうしたら良いのかでしょうか。

あまり追いかけすぎると相手に不快に思われ、復縁の可能性が0になってしまう。そんなことになってしまったら、とても残念です。

この記事では、別れても好きな人への不自然に感じないような連絡方法についてポイントをお伝えしていきたいと思います。



 

別れても好きな人と繋がってたい!!
自然に感じる連絡方法

 

SNSを最大限利用する!


今から20年くらい前まではまだ携帯電話もそれほど普及していなく、コンタクトを取る手段は固定電話か手紙というのがほとんどでした。

そうなるとどうしても1対1で向き合わなければならず、別れた2人とってはハードルは高くなりがちなコンタクト方法でした。

しかし、今は便利な世の中になり、巷ではTwitterやFacebook、mixi、Instagramなど、「1対1」ではなく「1対大勢」で交流を取れる方法が増えてきました。

利用者もたくさんいるため、元彼がこれを使用しているのであれば、これらを使わない手はありません。自分→元彼という一直線のルートではなく、自分→大勢(元彼含む)というルートへ変更し、何気なく自分の近況を発信することが可能です。

基本的に男性とは、追われると逃げますが、追われなくなると追いたくなる習性を持っています。また、自分のことを忘れたかのように、楽しく充実した日々を過ごしているとわかると少し悔しく感じ始めるかもしれません。

そうなったらこっちのもの!復縁も近いです。ここでのポイントは、絶対に寂しさを出したり悲観的な投稿をしないこと。男性は面倒なことが嫌いなので、「メンドクサイ奴」と思われると復縁への道はどんどん遠くなっていきます。

とにかく楽しんでいる今をUPし続け、もう『別れ』に執着していない自分というのを見せ続けるのです。そして、たまには男性の影を匂わせるというスパイスも効果的かもしれません。

また、元彼がUPしたことにはきちんと「いいね!」を付けましょう。たまにはコメントをするのも良いですが、あまりしすぎると追ってる感が出てしまいますので、ほどほどに。

 

LINEのグループを作る!


LINEもSNSの一部ではありますが、ここでは違う使い方をしますので分けてご紹介します。LINEにはグループを作成できる大変便利な機能があります。

共通の友人がいる場合は、協力してもらってこのグループ機能を有効活用しましょう。通常LINEは1対1でメッセージのやりとりを行います。

ですが、別れた後完璧な友達になれている場合を除き、なかなか直接連絡を取るというのは難しいです。もし失敗してしまった場合、「もう連絡してこないで」と言われてしまうケースがあります。

グループ機能を使えば、複数の人と同時にメッセージのやりとりが可能です。同級生であれば同級生のグループ、会社の人同士であればその仲良しグループ、または同じチーム、部署、同期などのグループで繋がることができます。

趣味仲間であっても同様でしょう。いろいろな話しや報告、何かのお知らせなど、複数の人数で様々な会話をすることで、別れてちょっと気まずいうちの直接連絡を避けつつ、繋がりを持ち続けることが可能です。

自分でグループを作る勇気がない、直接招待もできそうにない、そんな時には仲の良い間柄の人に相談・お願いして代わりにやってもらいましょう。

 

飲み会やイベントを企画する!


これは2つ目に挙げた複数で作った(作ってもらった)グループの応用バージョンになります。仲間内で飲み会やイベントなどを企画し、大勢で会うというステップです。

突然「2人で会おう」と元彼に言っても、複雑な気持ちの状態であれば断られるかもしれません。ですが、第3者がいるとなれば状況が変わる確率が上がります。

それを上手に利用するのです。ここでのポイントは、できたら自分じゃない誰かに元彼を誘ってもらうこと。また、当日は話しかけたい気持ちもあるでしょうが、ぐっとこらえて大人の対応で接しましょう。

気まずい空気を作ってしまうと、仲間にも迷惑がかかってしまいます。最初の何回かは、あまり積極的に話しかけたりせず、同じ空間にいるということだけに留めた方が無難です。

もちろん、向こうから話しかけてくれたら、きちんと嬉しいという気持ちを表に出し、笑顔で普通に会話をしたら良いと思います。

付き合い始める前、いきなり2人で会うというのは警戒もされやすいですし、慣れていないので躊躇されてしまうということがあります。

今回のケースは同じとまでは言いませんが、やはり最初は他人としてそれなりの距離を置き、チャンスを狙って少しずつその距離を縮めていくのです。

実際会うことになった時は、今までの自分とはちょっと違う、イメチェンした自分になっていきましょう。新鮮さが増して、彼も「あれ?前より可愛くなったな」と見直してくれるかもしれません。

元彼に再開できるその日のために、自分を磨く努力は決して怠らないでください。そして、飲み会やイベントが終わった後は、元彼も含めて全員に「楽しかったよ!またやろうね!」とお礼を伝えましょう。

 

少し時間を置いてからのメール!


自分がいると積極的にLINEグループや飲み会などのイベントに参加してくれない・・・。そういうこともあります。

別れてしまった理由にもよりますが、1対1じゃなく複数での集まりであっても、「会えない」と思われてしまうこともあるのは仕方がないことです。そんな時は、一度時間を置いてみるというのは有効です。

実際筆者の周りでも、別れて数か月後、数年後にたまたま用事があって連絡をとってから、また仲が急接近し、復縁、さらには結婚に至ったというケースも多く見られます。

この方法であれば、メールやLINEなど1対1でのやりとりになっても、時間が経ち気持ちが落ち着いた分、元彼も応じてくれやすいのではないでしょうか。

用事は何でも良いのです。「メールアドレスが変わった」「借りていたと思われる物が出てきた」、何もなければ正直に『元気にしてるかな?と思って」と伝えても良いと思います。

様子を見ながら少し話しをして、思い切って「久しぶりに会おうよ」と声をかけてみるといいかもしれません。縁があればきっと次に繋がるはず!

 

いかがでしたでしょうか?

別れてしまった相手と友達に戻り、何もなかったかのように普通に関係を続けていくというのは、なかなか難しいケースも多いです。そんな時直球でぶつかってしまうと、相手も気まずい分逃げてしまう可能性があります。

また、別れた理由が「好きな人ができた」「性格が自分と合わないと思った」など、元彼側が別れることを決めた上で別れ話を持ちかけてきた場合、さらに連絡を取り続けるというのは難易度があがります。

そういう時は直球は諦めて、変化球で勝負しましょう。できるだけ早く元の恋人関係に戻りたい方にとっては、時間もかかるし焦るかもしれません。ですが、全力で追ってしまうのは厳禁です。そうすることで、可能性を潰してしまう恐れすらあります。

ポイントは、①何事もなかったかのようにふるまう、②いつも明るくいる、③自分を磨きなおす、④引いて引いて少しずつ押すです。今想っているアノ人と、再び素敵な縁が訪れますよう祈っています!

 

まとめ

別れても好きな人と繋がってたい!!自然に感じる連絡方法

・ SNSを最大限利用する!
・ LINEのグループを作る!
・ 飲み会やイベントを企画する!
・ 少し時間を置いてからのメール!





コメントを残す

Required fields are marked *.