LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

告白してから返事待ちの期間にやってはいけない9つの事

by mai | 0 comments

告白してから返事待ちの期間にやってはいけない9つの事
告白されて、これから楽しいお付き合いが始まるというときに、ついしてしまいがちなこと!!その中でもやってはいけない事をご紹介しましょう。

例えば、あなたの中に告白されたほうが有利!!という考え方はありませんか?これは非常にまずいです。告白されて、付き合ったら振られるという過去をお持ちの方!!まず、今からお伝えする9つの事を実行して、より素敵な恋愛をして頂きたいとおもいます。

あなたの中に潜んでいる恋をだめにしてしまう因子を撃退しましょう!!



 

告白してから返事待ちの期間に
やってはいけない9つの事

 

その1: 告白したほうが主導権を握る?

恋は、惚れた方が負けといいますよね。恋は盲目ともいいますし、まるで相手の事を好きになったら負けで、主導権を握られるかのようです。でも、実際にそうではありません。付き合うか、付き合わないか、どちらかの選択肢を選んで告白し、付き合うにもっていった、告白した側が主導権を握っているのです。

ですから、告白されたから、自分が有利で、反対の立場は弱いという考えは半ば真逆といえるでしょう。告白した方が有利な訳ですから、自信を持って、相手の返事を待ちましょう。

 

その2: 連絡の頻度を多くしちゃダメ

告白をして待っているときって、もどかしくてどうにもいてもたってもいられなくなってしまう事がありますが、相手の返答をゆっくりまちましょう。焦らせてしまうと、よくない返事をさせてしまう事になります。とにかく告白するという行為でアクションを起こしているわけですから、あとは神のみぞ知る相手の反応を待ちましょう。

待っている間も、相手の事を気遣って、答えを求めるのではなく、いい方向に一緒に作り出していく努力をしましょう。

 

その3: 他の異性がいる事を匂わす

自分がほかの異性にとられちゃうぞ。とアピールしたいのかもしれませんが、告白している期間に、ほかの異性がいるかもしれないという実態を見せてしまうと、相手はひいてしまいます。恋は運命です。ほかの異性がいる人に運命は感じられないでしょうし、むしろ付き合ってからもそういった状態になるのではないかと、相手に不信感を募らせてしまいます。

ほかにも異性がいる事はおくびにも出してはいけません。もしいるんだとしても隠し通しましょう。

 

その4: もう一度アタックする

告白の返事がないからと、もう一度アタックするのはNGです。告白されてどのようにしていいか迷っている自分に対して、心遣いもなく何度も告白してきたら、断る対象に入ってしまいます。返事をしないのは、相手との今後の事を考えているからです。

焦らさないで、ゆっくり待ちましょう。こないだの返事は?といった事を言うと、ふられると思って下さい。何か月も焦らされているのなら話は別ですが、相手もいろいろ考えてくれてますので、返事を待ちましょう。

 

その5: 周りから反応を探る

これも上記で説明したように、告白して、返事が来ない間は、相手はあなたの事を考えてくれている期間です。そういったときに共通の友人などを通して動向を探ると、あまりいい気持ちはしないでしょう。むしろ、当事者と関係ない人たちも巻き込んでいるという事に怒りを覚える人もいるかもしれません。

あまり周りを巻き込まないで、自分自身が全身全霊を尽くして、相手の心を開けるよう努力して頂きたいと思います。

 

その6: フェイスブックで相手の動向を見る

相手の事が気になるのはわかりますが、フェイスブックで動向を探りすぎて、次会った時に全てを把握していたり、やたらと「いいね」を押しまくったりという行為は、相手をひかせてしまいます。しつこい人だと思われかねないし、付き合っても束縛などがひどいのではないかと思う人もいるでしょう。

フェイスブックを見ていてたまたま相手の動向をみてしまうのは、しょうがないですが、わざわざ相手の一年間の動きを見るなども、気になるのはわかりますが、してはいけません。

 

その7: プレゼント攻撃

旅行に行ってきたからプレゼントを渡したい。などと言って会う約束をして、プレゼントを渡して、返事を仰ぐなど、物で釣ろうと考えているのだと思われてしまいます。そういった引き換え的にものをプレゼントする人は、引き換えのものがないとき、まさに「釣った獲物に餌をやらない。」的状況になるのではないかと思われがちです。

対等な関係でいた方がいいと思いますし、もし振られたらショックですよね…。「プレゼントまであげたのに!」と、思うかもしれません。何かをプレゼントするのは、付き合ってからにしましょう。

 

その8: 相手の事ばかり考える

振られることも想定して、相手の事ばかり考えるのはやめましょう。相手の事ばかり考えると、ストーカー的な行為に走ってしまいますし、やたらと連絡するなど、相手を困らせる行為に走る頃が大いにあります。

告白して返事待ちの段階では、できるだけ相手の事ばかり考えるのはやめて、私生活自分のやるべきことをしっかりとこなしていきましょう。すがる恋ではなくて、不意にやってきた素敵な恋を迎えるためにも、依存しないことが大切です。

 

その9: 占いにはまる

こういった、どうしていいかわからない状況だと、占いにはまる方がすごく多いんです。そして、占いの結果に翻弄されがちです。占いで上手くいかないと言われて、しょんぼりしてしまったり、逆に占い通りに動きすぎていたりするかもしれません。

占い通りに動いたからといって全て上手くいくわけではありませんし、それで不信な行動をとって振られる原因になるかもしれません。お金をたくさん費やして、無駄使いしてしまうかもしれません。

 

いかがでしたか?

とにかく、大きな海のような心で相手の返答をまちましょう。焦らりたり、あなた自身が暴走しない事。やるべき子はやってのですから、あとは待つだけなんです。どうしても何かしたくなっちゃうのであれば、だれにも見られない日記帳にその想いをつづるといいかもしれません。

相手への気持ちが整理されてすっきりとした感情で挑めるかもしれませんね。とにかく、告白した方は有利ですから、自信をもってOKの返事が来るのを待ちましょうね。

 

まとめ

告白してから返事待ちの期間にやってはいけない9つの事

その1: 告白したほうが主導権を握る?
その2: 連絡の頻度を多くしちゃダメ
その3: 他の異性がいる事を匂わす
その4: もう一度アタックする
その5: 周りから反応を探る
その6: フェイスブックで相手の動向を見る
その7: プレゼント攻撃
その8: 相手の事ばかり考える
その9: 占いにはまる


はてブ Twitter Facebookで この記事をみんなに知らせよう!




コメントを残す

Required fields are marked *.