LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

片想いから両想いへ!!恋を実らせる7つの方法

by mai | 0 comments

片想いから両想いへ!!恋を実らせる7つの方法
あの人を見ているだけで胸がドキドキ、話しかけられるだけでうれしくてたまらない。片想いは毎日がときめいて素敵だけど、その反面つらくて切ないものです。相手を好きなほど、「私のことどう思ってるか知りたい」「両想いになりたい!」と感じるはず。

そんな一途な片想いを実らせるための、明日からすぐできるポイントを紹介します!



 

片想いから両想いへ!!
恋を実らせる7つの方法

 

その1: 相手の視界に入って、いろいろ話すこと

会ったこともないし話したこともない、見ず知らずの人がいきなり恋人になるのは難しいもの。そのためにはまず相手に存在を知ってもらうこと、たくさんおしゃべりしてお互いを知っていくことが大切です。知り合い、友達、友達以上恋人未満、と恋人になるまで少しずつ距離を縮めていきましょう。最初に友達を目指すことで、気も楽になります。いきなり恋人になることを前提にすると、意識して会話が続かない場合もあります。

あなたを「一緒にいて居心地のいいタイプ」と相手に思ってもらえたら、第一段階は成功です。

 

その2: 笑顔で『ありがとう』

何をしてあげても感謝の心がない、してもらって当たり前というのは、そもそも人としてマナー違反。まして恋人にするには不安があるでしょう。

いつでも誰に対しても、普段から素直に「ありがとう」を言うことができる人になりましょう。片想いの相手には緊張しても、きちんと笑顔も忘れずに。ささいなことでも、親切にされたらすぐその場で、感謝の気持ちを表すこと。もちろん演技はすぐにバレるし、やりすぎもよくありません。取り繕わない、ありのままが一番です。

 

その3: 相談を持ちかける

学生なら、相手の得意科目を教えてもらいましょう。授業で分からなかった箇所や、テストの再提出、出席番号などで当たる日の宿題の答え合わせもいいですね。社会人なら、仕事や趣味のことを尋ねてみましょう。おすすめのお店や本、音楽、電化製品や携帯を選ぶポイントなど、その人に合わせて相談してみてください。メールアドレスや携帯番号など、連絡先を聞くきっかけにもなります。

シンプルなことですが、頼りにされるのは誰でも嬉しいものです。教えてもらったらもちろん、褒めること、お礼を言うことを忘れずに。

 

その4: 友達に協力してもらう

自分や相手の友達、あるいは共通の友達もうまく巻き込んで、あなたの恋を応援してもらいましょう。片想いの相手も誘ってもらってみんなで遊びに行くと、緊張しないで一緒にいられる時間が増えます。さらに友達に、さりげなくあなたのことをアピールしてもらうといいでしょう。周りの人にもいい子だと認められているなら、相手も安心してあなたに心を開くはずです。

晴れておつきあいがはじまっても、いろいろ相談できるので、いつでも友達は大切にしてください。

 

その5: 「あなたのこういうところが素敵」を伝える

褒められると嬉しいのはみんな同じ。特に頑張っている姿をきちんと見ていてもらえたら、喜びもひとしおです。どんなに控えめな人にもプライドはあります。相手のいいところを、口に出して褒めてみましょう。ただしやたらに褒めるのは、お世辞のようで逆効果です。あくまでもさりげなく。

また、スポーツができるとか仕事ができるといった目立つ部分でなく、隠された内面、ほかの人がなかなか気づかない一面は、最高の褒めどころ。相手があなたを見直すきっかけになるでしょう。

 

その6: 「あなたといて楽しい」気持ちを伝える

どうすれば恋人になれるのか、どうすれば上手につきあえるかを考えすぎて、相手への思いやりが欠けてしまっては問題です。いつでも「一緒にいると楽しい」「相手にもそう思ってほしい」という素直な気持ちを大切にしましょう。自分をよく見せようと計算するのでなく、相手を喜ばせてあげることがおつきあいの基本になります。

ちょっとだけ特別に親切にするだけでなく、時には言葉で伝えて好意を表すことで、相手のほうも告白しやすいというメリットがあります。相手があなたを気にしているふうであれば、ぜひ脈アリをアピールしてみましょう。

 

その7: 「自分に自信をつける」

恋をするとキレイになるというのは、決して嘘ではありません。おしゃれをしたり、新しい趣味をはじめたり、内面を磨いたり。相手に気づいてもらいたいという努力目標があることで、恋をしている人はキラキラ輝いて見えるのです。

学校の勉強や仕事をがんばったり、相手好みのファッションに挑戦したり、身近なところからあなたも努力してみましょう。自分に自信がつくと、片思いの相手へに対しても余裕が出てきて、緊張せずに済みます。また、自分の時間を持っていて恋愛に依存しすぎない、自立した人は恋愛対象としても高評価です。

 

いかがでしたか?

この5つの方法で、片想いの相手にいい印象を与えて、両想いへ発展させましょう。異性に対しては奥手……という人もいるかもしれませんが、決して気張らず、できることから少しずつステップアップすればいいのです。

それでもうまくいかない場合は、あきらめも肝心です。相手にその気がなくて自分が恋愛対象外とわかったら、アピールを先延ばししてもOK。あなたが恋した人と楽しい時間を過ごして、恋を実らせることができますように。

 

まとめ

片想いから両想いへ!!恋を実らせる7つの方法

その1: 相手の視界に入って、いろいろ話すこと
その2: 笑顔で『ありがとう』
その3: 相談を持ちかける
その4: 友達に協力してもらう
その5: 「あなたのこういうところが素敵」を伝える
その6: 「あなたといて楽しい」気持ちを伝える
その7: 「自分に自信をつける」


はてブ Twitter Facebookで この記事をみんなに知らせよう!




コメントを残す

Required fields are marked *.