LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

デートのコーデに悩んだら絶対参考にしたい9つの工夫

by mai

デートのコーデに悩んだら絶対参考にしたい9つの工夫
初めて好きな男性とデートをすることになった時、必ずといって良いほど悩むのが当日のコーデ!!普段の自分らしく決めるのか、相手の好みに合わせるのか、それだけでも1日悩んでしまいます。

しかも、相手がオシャレな彼ならば、お似合いの彼女になるためにもデートのコーデはぜひとも工夫したいところです。普段からTシャツやラフな格好ばかりしていると、いざという時困りまっちゃいますよ?

そこで今回は、そんな場合の着こなし術を9つ紹介します!



 

デートのコーデに悩んだら

絶対参考にしたい9つの工夫

 

その1: 体のラインを見せる服を選ぶ

女性らしい細いウェストを強調するような服は華奢な印象を強めますし、ふんわりとした胸元をさりげなく演出するような、アンダーバストのあたりで切り替えが入った服などは柔らかさを感じさせます。

ただし、露出の多い服は、よっぽど彼の好みが派手好きだと分かっている場合以外は避けましょう。露骨に胸元などを見せるのは、男性側がドン引きしてしまい、マイナスの効果しかありません。

 

その2: 爽やかで明るい色を選ぶ

季節が春・夏であれば、迷わずパステルカラーを選びましょう。パステルカラーの持つ爽やかさや清潔感が、初々しいデートには効果バツグン。秋・冬だとしても、茶や黒といった重たい色ばかりを使うのは×。モヘアやカシミアといった上質な毛糸なら、暖かさを保ちながら、明るい配色のコーデをすることができます。

ぜひ、取り入れてみて。

 

その3: 初デートなら、ワンピースがおすすめ

初デートで、彼の好みがよくわからないときは、ワンピースを選んでおけば間違いがありません。一口にワンピース言っても、ビジネスシーンでも違和感がないようなトラディショナルな印象を与えるものから、リゾートでも浮かないようなカジュアルなプリント柄までいろいろあります。

その中でも、素材のおすすめはレース使いのもの。メンズファッションにはない繊細な素材が、デートにはぴったりです。

 

その4: 白を効果的に使う

「ピンクやオレンジといったパステルカラーが苦手、でも重たい印象は避けたい…。」という方は思い切って白をメインにしてみましょう。「もしかして仕事用のワイシャツ?」と思われないようなデザインなら、白のブラウスでも大丈夫。白は素直さを表す色とされ、相手と打ち解ける心理的効果が期待できる色なのです。

ただし、汚れやシミがあると逆効果なので気を付けて。また、白をボトムスに配色すると膨張して見えるので、よほどスタイルに自信のある方以外は避けたほうが無難です。

 

その5: ミニスカートで、スッキリ魅せる

とくに20代までの女子におすすめなのが、ミニスカート。相手の男性は、「お、気合を入れてきたな」と内心、ニンマリすることでしょう。足の露出が気になるなら、ニーハイソックスを合わせれば、効果倍増です。足元はハイヒールがマスト。グンとスタイリッシュな装いになります。

 

その6: 夏ならダンゼン、浴衣!

夏のデートで相手にインパクトを与えたいときの服といえば、浴衣です。花火大会は定番中の定番ですが、好きな彼と行くなら、この時期に浴衣を着ない手はありません。歩き方やしぐさも自然とおしとやかになりますし、何より写真うつりもよいので、街中デートでもおすすめです。

髪の毛はもちろんアップスタイルで。

 

その7: 有名ブランドの定番を着ない

有名ブランドの定番服は、一見デート向きに思えるものですが、実は、コーデとしてはあまりよくありません。そのブランドの熱烈なファンでなければこだわりのポイントが伝わりにくいばかりか、「付き合ったらお金がかかりそう」という印象を与えてしまい、多くの男性に警戒されてしまうからです。

また、ポロシャツなどのリーズナブルなアイテムだとしても、ロゴなどが入っているデザインもセンスや工夫が感じられないので避けるべきです。「どうしてもこのブランドを着たい!」というのであれば、定番のデザインは外しましょう。

 

その8: 花柄でロマンティックに

敬遠する女性は意外に多いのですが、花柄も男性受けの大変良いデザインです。もしあなたがよく「大人っぽい」とか、「実年齢より年上に見える」と言われるタイプなら、あえてガーリーな甘い花柄を選ぶのもおすすめ。

あなたの全身から受ける印象と少女のような洋服の雰囲気とのギャップが、彼の気を引き寄せるに違いありません。

 

その9: ドレープで流れを作る

ドレープを多用した流れのあるデザインのトップスは、立体感が出るので、フェミニンな印象を出しやすい便利なアイテムです。ベーシックな色を選べば、オフィス帰りのデートでも地味すぎないのが良いところ。この場合はネックレスを組み合わせて、ラグジュアリーな雰囲気をプラスしましょう。

 

いかがでしたか?

デートだからといって「何かのパーティー?」と思うようなキラキラした服を着る必要はありませんが、上記のような色使いや素材にちょっと気を配るだけで、大幅なイメージアップにつながること間違いナシです。

デートまで時間の余裕がないときは、手持ちの服をどう着回すかの勝負になりますが、それでも「清潔感を保つ」「明るいトーンの色を選ぶ」「ほどほどの露出を心がける」という3点は必ず押さえてくださいね。

 

まとめ

デートのコーデに悩んだら絶対参考にしたい9つの工夫

その1: 体のラインを見せる服を選ぶ
その2: 爽やかで明るい色を選ぶ
その3: 初デートなら、ワンピースがおすすめ
その4: 白を効果的に使う
その5: ミニスカートで、スッキリ魅せる
その6: 夏ならダンゼン、浴衣!
その7: 有名ブランドの定番を着ない
その8: 花柄でロマンティックに
その9: ドレープで流れを作る


Twitter Facebook はてブで この記事をみんなに知らせよう!




Comments are closed.