LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

愛の告白はタイミングで結果が変わる7つの理由

by mai

愛の告白はタイミングで結果が変わる7つの理由
告白してOKをもらえるかどうか、悩んでいる人は多いでしょう。告白を成功させるために大事なのは、告白するときの言葉でしょうか?それとも、公園とか、海岸、スクランブル交差点など、ドラマのようなシチュエーションを選ぶことがマストなのでしょうか。その答えは“No”。確かに、セリフやシチュエーション、スポット選びも重要な要素ではありますが、プロポーズとは違うので、告白が成功するかどうかは、「セリフ」や「場所」よりも「タイミング」のほうが重要なウエートを占めているんです。

何より、プロポーズは「タイミング」以外の要素にサプライズがほとんどないのに対し、告白は「タイミング」こそが、一番のサプライズポイントなのです。ここを読み違えるとインパクトに欠けるばかりか、思わぬNGをくらってしまいます。ではそのサプライズをどのように演出すればよいか、気になりませんか?

そこで、今回はその方法と結果について7つご紹介します。



 

愛の告白はタイミングで
結果が変わる7つの理由

 

その1: 【NG】相手が迷いを見せているとき

よく、告白するときに「当たって砕けろ!」などという人がいますが、これは独りよがりな言い訳にすぎません。いざ思いを伝えるときに、相手が明らかに戸惑っていたり、状況がわかっていなかったりするときに告白を強行しても、あなたはスッキリするかもしれませんが相手はモヤモヤしてしまい、決して良い結果にはつながりません。

あまり接点のない相手を好きになってしまったのなら、もう少し打ち解けてから告白するようにしましょう。ベタですがバレンタインデーに告白するなら、OKの確率が上がります。

 

その2: 【NG】相手が自分のことで精いっぱいのとき

たとえば、勤めている会社の新入社員の年下君を好きになってしまったとき。「同期には若い女子がたくさんいるし、一刻も早く思いを伝えなきゃ!」と焦りたくなる気持ちはわかりますが、入社1年目の男性は、仕事で覚えることがたくさんあり、正直、恋愛どころではありません。

このように、相手が明らかに多忙を極めているときは、そもそも2人きりになれるチャンスが少ないこともありますので、告白は避けた方が良いでしょう。

 

その3: 【NG】ほかの女性の影がチラつくとき

「ある男性に告白したいけれど、いつも遊び仲間に彼の女友達がいて、正直、タイミングがわからない。」という悩みを持つ人がいますが、カレ本人があなたに「彼女はいない」と明言しているのではない限り、告白はしないほうがベター。女友達が多い男性は、モテる人で女性からの告白に慣れているかもしれませんし、ゆくゆくは女友達と付き合いたくて一緒に遊んでいるのかもしれません。

あなたも、その女友達と一緒に過ごせる機会を持つか、意中のカレと二人きりで遊ぶ時間をもっと増やすなど、彼を取り巻く状況を理解できるようになるまで告白は思いとどまった方が良いでしょう。

 

その4: 【OK】相手が満足感や達成感を感じた直後

好きなカレが昇進をしたとか、趣味のスポーツの試合で勝ったなど、満足感や達成感を感じているときは、ベストな告白のタイミングと言えます。嬉しい気分のときに愛の告白をされれば、未来がとても明るいものに感じ、OKする確率が高まるのです。より相手を喜ばせるために、お祝いの会を開くのもgood。

できれば2人きりのほうが告白するチャンスが多いので良いですが、パーティ形式にしても、意中のカレがリラックスできるので良い返事が期待できることでしょう。

 

その5: 【OK】相手が小さな挫折感や喪失感を抱えているとき

意中のカレが仕事でちょっとしたミスをしてしまったとか、風邪をひいてしまったなど、ブルーな気分を抱えていそうなときも、実は告白して良いタイミングなのです。男性は女性ほどセンチメンタルな気分になることはありませんが、それでも、落ち込んでいるときに自分を支えてくれる女性がいれば嬉しいものです。

社会的に成功した男性の多くが、「自分が逆境にいたときに支えてくれた」女性を大事にしてきた、という話を耳にします。意中のカレの運気を上げたいという気持ちがあるなら、そのピンチをチャンスに変えてみましょう。

 

その6: 【OK】理性より感情が先走っているとき

興奮や恐怖などでドキドキしているときにすれ違う異性に好印象を持つ、「つり橋理論」としても有名な心理状態です。意中のカレが絶叫系マシン好きなら、ぜひ、遊園地デートに誘ってみましょう。もちろん、乗車の待ち時間ではなく、マシンを降りた後に告白するようにしましょうね。

 

その7: 【OK】夜デートの回数が3回を超えたら

いままでは意中のカレとあなたの間の環境面での告白タイミングについて紹介しましたが、最後は実践的に「いつ」が告白にふさわしいのかをお伝えします。時間帯で言えば夕方から夜、デート回数でいえば3回目。これが鉄板のタイミングです。夕方からの時間帯は気分が高揚しつつもリラックスできるときなので、突然の提案にもOKをもらいやすいタイミングです。

また、3回目のデートは、ギクシャクした雰囲気もなくなり、かつ新鮮さも保っていられるちょうどいい節目の回数なのです。

 

いかがでしたか?

長い人生の上でも、「愛の告白」をする機会は、それほど多くあるわけではないのがふつうです。一回の告白があなたの人生を左右する場合もありますから、タイミングはきちんと見計らい、よく心の準備をしてから、告白に臨みましょう。チャンスが到来したときは、あいまいにせず、ハッキリと思いを伝えることも大事です。頑張ってくださいね!

 

まとめ

愛の告白はタイミングで結果が変わる7つの理由

その1: 【NG】相手が迷いを見せているとき
その2: 【NG】相手が自分のことで精いっぱいのとき
その3: 【NG】ほかの女性の影がチラつくとき
その4: 【OK】相手が満足感や達成感を感じた直後
その5: 【OK】相手が小さな挫折感や喪失感を抱えているとき
その6: 【OK】理性より感情が先走っているとき
その7: 【OK】夜デートの回数が3回を超えたら


はてブ Twitter Facebookで この記事をみんなに知らせよう!




Comments are closed.