LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

成功率90%!?愛の告白で成功する為の5つの方法

by mai | 0 comments

成功率90%!?愛の告白で成功する為の5つの方法
告白を成功させるために一番大切なものは何だと思いますか?

好きな人に想いを伝えたい、となったときに悩むのは「告白の台詞」ではないでしょうか。ところが実は、成功する告白には他のポイントもあるんです。どれも大切なことを5つまとめてみました。



 

成功率90%!?愛の告白で成功する為の5つの方法

 

その1: お互いのことを知ってから

告白の中で最も成功率の低い方法は、初対面での告白です。

もしかしたら告白する側は既に相手のことを見聞きしていたかもしれません。しかし告白された側からすると急な話で相手のことは何一つ分からない状態。そんな告白はほぼ失敗するものと言っても大げさではありません。

お互いのプロフィールしか知らない状態での告白もなかなか厳しいものです。本当はどんなに優しい人でも、顔が怖かったら近づきにくいですよね。自分は顔が怖いからモテないんだ、と思っていませんか?

この場合は「顔が怖いけど優しい人」と相手に認知してもらってから告白することが成功のポイントです。当たり障りの無い第一印象だとしても、内面を知ってからの方が将来を予測しやすいため成功率が上がります。

外見やプロフィールだけでなく、お互いの性格や考え方を知ってから告白してみると成功しやすいのです。

 

その2: 告白する時間帯

実は告白が成功しやすい時間帯があるって、知っていましたか?白昼堂々と男らしく告白したって良いのですが、日が沈み始めてから日付が変わるくらいまでの時間は昼間に比べてロマンチックな告白がしやすいです。

夕日に照らされながら対面する、月明かりの下で想いを伝える、ドラマのワンシーンのようですね。演出の面だけでなく、告白される側の心理面でも夕方以降の告白は効果的なんです。

昼間は一日のスケジュールに向けて前向きに張り切って取り組む時間帯です。スケジュールが終わり日が沈み始めると、一日が終わったな、疲れたな、なんて少しセンチメンタルになるものです。

気持ちが弱っている相手に告白すると成功しやすい、なんて話を聞いたことはありませんか?本当に何か傷つく体験をしていなくても、一日の中でも気持ちが弱くなるタイミングはあったのです。

 

その3: 自分に自信を持つ

女性に一番嫌がられるタイプの告白は、弱々しく情けない告白です。

女性が恋人に求める理想像は基本に「頼れる人、尊敬できる人」があります。そんなところに「ダメかもしれないけど・・」なんて気持ちを見せたまま告白しても成功しないのです。欠点の無い人間なんていませんから、先ずは自分の長所を見つけて認めるようにしましょう。

そうするだけで自然と自信の付いたオーラが出るものです。また、自分に対しての自信だけでなく、相手の女性との関係にも自信を持つことが大切です。「きっと成功する」と思える、相手の言葉や態度をひとつでも掴めると告白に対しての自信が付きます。

人は気になったり好きな相手のことは色々と知りたくなるものです。相手があなたのことを知りたがっていたり、何をしていたの?なんて尋ねてくるならば、好意を持っている可能性が高まりますね。

 

その4: 告白の伝え方

今どきの若者はメールやSNSでの告白ばかり。結構ネガティブなニュアンスでこう言われることが多いですね。

しかしメールやSNSなど文字を使っての告白は悪いことなのでしょうか。これらの方法にだってメリットはきちんとあります。よく言われているメリットの一つが、緊張せずに自分の思いをストレートに伝えることができるという点ですね。これは告白を成功させるために非常に重要なことです。

遠まわしで分かりにくい告白より、直球で分かりやすい告白の方が良い印象を与えるのです。あれこれと悩みすぎて長々とした文章になってしまってはメールやSNSのメリットが活かせないので注意しましょう。

もうひとつ大きなメリットとして、即返答を求めていないという点があります。どうしても対面や電話での告白だとその場で結論を出さざるを得なくなってしまいがちです。その点メールやSNSの場合は返信までに猶予期間を設けることができる方法です。

相手に考える時間を与えては失敗するのでは、と思う方もいると思います。ところが人間は意外と前向きなもので、よほど面識が無かったりマイナスイメージを持っている場合でなければ、良い方向に考えるものなのです。

例えば他に本命の相手が居たとして、告白されるか分からない相手を待ち続けるよりも告白してくれた人と付き合ってみよう、と考えるのです。返信がしばらく来ないからと、急かさず待って見るようにしましょうね。

 

その5: 言葉で伝える前に行動で

好きな人に告白したい、と思い切って言葉で伝える前に、行動でこちらの好意をアピールしてみてください。困っていたら積極的に助けてあげるとか、弱っているときに話を聞いてあげるなどです。

言葉でも、ストレートに伝えるのではなく、髪型や服装が似合っているね、一緒に居ると楽しいよ、など前向きな言葉をかけてみましょう。女性は自分に対して興味のある人に、興味を持つものです。

間接的に「気になっている」ことを表現してあげると、相手も悪い気はしないものです。告白は自分が好意を持った相手からされたほうが前向きに考えやすいものですね。

相手も「もしかしたら」と心の準備をすることができるので、告白にも前向きに対応しやすくなります。愛の告白をする前に少しでもお互いの心の距離を縮めておくことが、成功の秘訣です。

 

いかがでしたか?

人間同士の係わり合いなので、100%成功するとは言えませんが、小さな積み重ねがその確立を上げていくものになります。先ずは相手のことを知り、自分のことを知ってもらうところから始めましょう。

既に仲のよい相手の場合は気になっていることをさり気なくアピールです。どうしようもなく鈍い相手の場合は返事を求めない告白も有効ですよ。

 

まとめ

成功率90%!?愛の告白で成功する為の5つの方法

その1: お互いのことを知ってから
その2: 告白する時間帯
その3: 自分に自信を持つ
その4: 告白の伝え方
その5: 言葉で伝える前に行動で


Twitter Facebook で この記事をみんなに知らせよう!




コメントを残す

Required fields are marked *.