LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

綺麗なくびれの作り方はグラビアアイドルから学べ!!

by mai

綺麗なくびれの作り方はグラビアアイドルから学べ!!
グラビアアイドルというお仕事をしている女性たちは、日々様々な努力をしています。人に身体を見られるという仕事柄、自分達のスタイル維持にはプロ意識を持って取り組んでいるものです。私たち一般女性はそんなグラビアアイドルのスタイルに憧れを抱くのです。

そこで、今回はグラビアアイドルからくびれの作り方を勉強しましょう。スタイル維持の為に、グラビアアイドルの方たちが日々行っているエクササイズを取り入れることで、自分たちのくびれを手に入れてみませんか?



 

綺麗なくびれの作り方はグラビアアイドルから学べ!!

 

道端カレン流 美しいくびれの作り方を学べ


道端カレンさんに学ぶくびれの作り方は、「ウエストわき腹ひねり」です。まず、仰向けになり左の膝を立てます。右足は真っ直ぐ伸ばします。腕は身体の横に伸ばしておきましょう。立てている膝は足の外側に開きすぎると、足の付け根の筋を痛めてしまうかもしれないので注意しましょう。

次に、立てている左足を内側にたおします。左足の内側で右ひざ辺りを軽くあてるような感じにします。右足は伸ばしたまま動かさないようにし、膝を立てる→内側に倒すを15回繰り返します。足を倒しすぎないように気をつけましょう。

 

熊田曜子さんもはまったベリーダンスでくびれの作り方を学べ


出産後も出産前と同じいや、出産前以上かもしれない抜群のスタイルを維持する熊田曜子さん。彼女はくびれにも効く「ベリーダンス」にはまっていたそうです。「ベリーダンス」とは、アラブ文化圏で発展したダンスのスタイルのことです。

ベリーダンスには、しなやかな筋肉を作りバスト、ウエスト、ヒップに効果が出る女性らしい動きが特徴的です。また骨盤で踊るベリーダンスの基本となるのは、お尻の筋肉を引き締めることです。音楽に合わせ、お腹と腰を特によく動かすので、インナーマッスルが鍛えられます。

 

グラビアアイドルたちが推奨するくびれの作り方を学べ


まず美しいくびれを作るためには、お腹の前面にある腹直筋、助骨の外にある腹斜筋、腰の外にある腹横筋を鍛えることが大切です。まず仰向けになり、膝を立てて90度の角度に足をあげたまま保ちます。目線は下腹部です。息を吐きながら身体を起こして息は全部はききりましょう。

これを1日20回を2セットします。次に、つま先立ちでしゃがみます。胸を張りながら、頭を浮かせて体を真横に倒しますが、その時親指は真横にして両手をついてください。次にそのまま片足を上げます。そして足を上下に動かし、反対も同様に動かしてください。足の上下運動を左右10回ずつ2セットです。

人によって個人差は出てきますが、毎日欠かさず繰り返すことで美しいくびれを手に入れることができます。

 

釈由美子さんに学ぶくびれの作り方その1


元グラビアアイドルである釈由美子さんは、今現在も変わらぬ体型をキープしているスタイル抜群の女優さんです。女性とってあこがれのスタイルをキープしている釈由美子さんのくびれの作り方をご紹介します。くびれを作るエクササイズは、足上げ腹筋です。

①仰向けに寝て肘と手を床につけた状態で、上半身を起こします。この時、骨盤はしっかりと床についたままにして下さい。
②両足を持ち上げ、片足は膝を90度に曲げ、膝を顔に近づけてキープします。反対側の足は真っ直ぐ伸ばして、つま先が真上をむくように持ち上げます。
③この体勢を維持したまま、伸ばしている足を床すれすれまで下ろし、また持ち上げます。この上下運動を繰り返し、反対側も同様に行います。

かなりキツイかもしれませんが、毎日行うことで徐々に回数を増やしていくやり方が良いかもしれません。

 

釈由美子さんに学ぶくびれの作り方その2


では、釈由美子さんが実践しているくびれの作り方のエクササイズその2をご紹介します。「ドローイン」という方法です。ドローインは、お腹をへこませることで腹横筋というインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。とても簡単な方法で立った状態でお腹をへこませるだけです。

お腹をへこませていても呼吸は普通に行います。釈由美子さんの場合、普段からお腹をへこませる習慣をつけるため、洋服の下に麻ひもを巻いているとか。このドローインという方法は、立った状態だけでなく普段座って仕事をしている方にも効果的です。

背筋を伸ばし、姿勢を正して座り、お腹をへこませていることでインナーマッスルを鍛えることができます。

 

インナーマッスルを鍛えて綺麗なくびれの作り方を学べ


インナーマッスルは、身体の深層部分にある筋肉で腸腰筋(ちょうようきん)とも言われています。背骨と骨盤と太ももの骨をつないでいる筋肉のことで、骨盤を安定させる働きをするほか、太ももをあげたりお尻の筋肉を引き上げたりする効果があります。

この場所をエクササイズすることにより、くびれを作り下っ腹の引き締めやヒップアップにも繋がるのです。まずは姿勢を正して立ちます。片足をゆっくりと太ももから引き上げるのですが、この時お腹のインナーマッスルを意識してください。足をあげた太ももは、床と平行に、膝は90度になるように気をつけましょう。

次に足をゆっくり下ろします。1日50回ほどを目安にエクササイズして下さい。終了後は必ずストレッチを行います。片足を大きく1歩踏みだして、両手を膝の上に乗せ後ろ足の付け根をよく伸ばしてストレッチしましょう。

 

棒運動で美しいくびれの作り方を学べ


棒運動は、長い棒を両肩に乗せて行うエクササイズなので両手を左右伸ばせるぐらいの長さが必要となります。100円均一などで手に入るツッパリ棒などで構いません。まずは、棒を肩に乗せ両手を広げて棒を掴んでください。足は肩幅よりも少し開いた状態にします。

①脇腹をストレッチします。上体を真横にゆっくり倒します。左右交互に行ってください。無理に伸ばすと痛めてしまうので気をつけましょう。
②ツイストエクササイズです。背筋を伸ばし、上体を立てに90度ひねります。回転させた手がひざの前にくる感じでひねりましょう。これを左右交互に行って下さい。
③骨盤矯正です。片足をまっすぐ伸ばしたまま、正面に持ち上げます。持ち上げた足が地面に対して平行になるようにし、そのまま90度横回転させてから下ろします。足を下ろしたら次は逆です。足を真横に持ち上げ、そのまま正面へ回転させてからおろします。左右10回ずつ行いましょう。
④スクワットをします。棒を背負ったまま、足をそろえて太ももが地面と平行になるぐらいまで膝をまげます。

これらすべての運動を1日20分ほどおこなうことで、徐々に綺麗なくびれが現れてきます。

 

いかがでしたか?

グラビアアイドルたちだって楽して魅力的なくびれやスタイル維持をしている訳ではありません。彼女たちだって、毎日努力をしているからこそ、きれいなくびれを作ることが出来るのです。彼女立ちから学んだくびれの作り方で、私たちもあっと驚かれるくびれを手に入れましょう!

 

まとめ

綺麗なくびれの作り方はグラビアアイドルから学べ!!

・ 道端カレン流 美しいくびれの作り方を学べ
・ 熊田曜子さんもはまったベリーダンスでくびれの作り方を学べ
・ グラビアアイドルたちが推奨するくびれの作り方を学べ
・ 釈由美子さんに学ぶくびれの作り方その1
・ 釈由美子さんに学ぶくびれの作り方その2
・ インナーマッスルを鍛えて綺麗なくびれの作り方を学べ
・ 棒運動で美しいくびれの作り方を学べ





Comments are closed.