LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

先生が好きな事を誰にもバレずにアピールする7つの方法

by mai | 0 comments

先生が好きな事を誰にもバレずにアピールする7つの方法

学校の先生や塾の先生など、世の中で『先生』と呼ばれる男性は、女子にとって大人で何でも教えてくれる、そんな存在でとてもかっこいいですよね。しかし、先生と生徒の恋愛は禁断の恋と呼ばれています。禁断の恋であるがために、生徒側から好意をアピールされた場合には先生側はうまくスルーするようにと言われているケースがほとんどです。

そのため、あまり周りを気にせずに大胆にアピールしてしまうと先生側にとって迷惑になってしまう可能性すらある、大変難しい恋であると言えます。ですが、世間では許されることのない恋愛であっても、好きになってしまう気持ちは止められないものです。

この記事では、周りに知られることなく先生が好きなことを密かに伝える方法を、教師経験者の方々にインタビューした結果を元に7つに渡って書いていきたいと思います。



 

先生が好きな事を誰にもバレずに
アピールする7つの方法

 

手紙を渡す


手紙を渡すというのは最もスタンダードな気持ちの伝え方です。また、手紙というのは本来渡した相手だけが読んでくれる便利なツールでもあります。面と向かって生徒に直接告白されて万が一誰かにその場面を見られてしまうと、先生はその後の仕事に支障が出ることがあります。その分手紙はそういう危険性がないので、先生側にとっても安心なのではないでしょうか。手紙には時間を置いて別の場所で読めるという利点があります。

学校の中じゃなくても、自宅に帰ってゆっくり読むことだってできるわけです。そして手紙の良い点はこれだけではなく、書いた後読み返して伝えたいことをしっかり書けているか確認できるということもあります。告白というのは誰しも緊張し、思っていることをうまく伝えられずに失敗してしまうことも多々あります。

ですので書き直すことができる手紙という方法だと、落ち着いて心の中にある気持ちを伝えることができるのです。以上のことから、様々な面で手紙というものは大変便利なものです。先生への気持ちをしっかり手紙に込めて、こっそり渡してみるというのはどうでしょうか?

 

イベントを利用する


バレンタインやクリスマス、誕生日など人にプレゼントをあげるイベントは年に何回かやってきます。そのイベントを先生への恋心に最大限に利用しましょう。なぜなら、その日は生徒が先生に当然のようにプレゼントを渡せるチャンスだからです。先生は普段どんなものを身に付けていますか?

また、先生の趣味はどんなことでしょうか?先生が好むようなものを一生懸命考えて用意し、渡すことができたら先生はきっと喜んでくれると思います。そのプレゼントには手紙を一緒に入れておくことも忘れずに。ですが、プレゼントというのはその1でお伝えした手紙という方法と違って、それなりの大きさがあったりでこっそり渡しにくいのが難点でもあります。

そこが気になっている人には、周りの先生用にダミーを用意することをオススメします。大きさも包みも同じ、でも中身だけは違うというプレゼントです。意中の先生に渡すプレゼントだけ中身が違っても誰も気づくことはありません。ここでのポイントは、あまり高価なプレゼントにはしないこと。あくまでもあなたは生徒ですので、プレゼントが高価すぎると先生もビックリしてしまいます。

また、もしかしたら遠慮して返そうとしてくる可能性すらあります。あなたが生徒なら生徒らしく、日頃の感謝の気持ちが伝わるくらいのちょっとしたものを用意しましょう。

 

得意分野を教えてもらう


これは『生徒』という立場を最大限に利用し、先生との時間を共有できる方法になります。意中の相手が学校の先生や塾の先生であれば、その人に担当科目についての勉強を教えてもらいに行くというのは、誰が見ても普通の行動です。先生というのは教えることが職業なので断ることは絶対にありません。

教えてもらっている時は真剣にしっかりと話しを聞きましょう。わからないことは遠慮なく質問しましょう。そして教えてもらったら笑顔で「ありがとうございます。すごくよくわかりました!」とお礼を伝えましょう。先生だって人間です。自分がやったことに感謝をされたら絶対嬉しいはず。

勉強というのは、どれだけ教えてもらっても尽きることはありません。一生懸命になって頑張っている姿は先生から見ても好感度は高いです。何度も聞きにいってたくさんの時間を共有し、先生からの好感度を上げに行きましょう!

 

担当科目の1位を取り続ける


前出の通り、『先生』という職業は教えることが仕事です。できることなら教えている人達の成績が上がってほしいと願っています。成績が上がって嫌な思いをするような先生はいないはずです。そして、1位というのは大変印象に残ります。いつも1位を取っていたら、先生は必ず注目してくれるはずです。

1位を取り続けるというのは容易なことではありませんが、先生が好きだと思う気持ちがあれば頑張れるはずです。そして、あなたのためにとってもその頑張りは絶対にムダにはなりません。他にも1位というのはこんないいこともあります。それは筆者が学校に通っていた時、得意な科目で1位を取り続けていたことがありました。

そんな時先生は毎回筆者に声をかけてくれ、さらには「あなたならきっと受かると思うので、少し難関だけど○○を受けてみない?」と他の人にはしていない特別な会話まで先生から持ちかけてくれたのです。残念ながらその先生は女性でしたので、恋とかそういうことはなかったのですが、1位になることで先生から特別視されることは間違いありません。

ちょっと苦しく大変なことかもしれませんが、やってみる価値はあります。その3でお伝えしたことも併用しながら頑張りましょう!

 

先生が顧問をやっている部活のマネージャーになる


学校の先生に恋をしている場合、その先生が部活の顧問をやっていることがあります。もし顧問の部活があれば大チャンス!その部活のマネージャーになることで、先生に近づく機会が幾度となく訪れます。ここまで書いたところで、「なぜ部員じゃダメなの?」と思う人もいるかもしれません。部員というのは、普段先生に指導される立場にあり意外と先生との距離があります。

また、たくさんの部員がいる場合は全員に対して同じ扱いをしなければいけないため、なかなか特別な存在になりにくいものです。しかし、マネージャーという立場は部員のサポートが役割であり、顧問の近くにいて部員の頑張りを見守るという少し変わった存在です。例えば運動系の部活だった場合、顧問の近くに座る席があったり、そこから部員のお世話をしたり、部員に声をかけるなどという役目があります。

また、顧問の先生からも頼まれごとをされたり、一部員にはできない相談をされたりすることもあるかもしれません。部員ではないその微妙な立場であることで、先生に対して堂々とサポートができるというわけです。マネージャーというのは常に顧問の先生のそばにいられる、とてもおいしい立ち位置なのです。

 

アイコンタクトを取る


先生が授業をしている時、生徒の反応は様々であると思います。板書された内容をひたすら書き写している人、真面目にやっていそうで実は隠れて本を読んだりしている人、居眠りしている人もいるかもしれません。授業中というのは、全員が先生の方を向いています。そして先生は生徒の方を向いています。こんな時、『先生を見る』というのは極めて一般的な行動です。その行動を利用してアイコンタクトをすることをオススメします。

先生が真剣に説明している時、じっと目を見てしっかりと話しを聞くのです。目が合ってしまった時には、たまにニコッと笑顔を見せるのも効果的かもしれません。人は、異性がずっと自分のことを見ていたら、だんだん気になってくるものです。最初は「たまたま目が合っただけ」と思うかもしれません。

ですが、それが何度も続くと「あれ?」と思い始めます。そして最終的にはずっと見られていることをなんとなく気にしだすのです。通常の恋愛もこのパターンがきっかけでお付き合いが始まるケースが結構あります。この方法はそれだけ有効だと言えるのです。ここでのポイントは、じっと見つめすぎないこと。目があったら慌てて視線をそらすなんていうことも案外効果的だったりします。

あまり見つめすぎると少し怖いと思われる場合もありますので、ほどほどに。

 

イメチェンを頻繁に行う


イメチェンを頻繁に行うというのは、さりげなく好意が伝わってくる方法として教師経験者の中でも意外と効果が高いと言われている方法になります。といっても方法はいたってシンプルです。ある時は髪をおろしていたり、ある時はポニーテールにしていたり、ある時はおだんごにしていたり、ある時はメガネをかけていたり・・・。イメチェンを行う方法は様々なものがあります。

いつも会っている先生側も「あれ、今日はいつもと違うな」「あれ?今日もなんだか違うな」と、何気なく思うようになってきて、たまたま少し話す機会があった時に「先生は、メガネかけてるのとかけてないのどっちがいいと思う?」などと意見を聞かれ、「かけている方がいいかな」と普通に答えると、次に会った時からずっとメガネをかけ続けているので、その時初めて生徒側からの自分に対する好意に気づくということがあるそうです。

イメチェンはあまりお金をかけずに、ちょっとした工夫でできることで、かつ、周りの人にも先生へのアピールであることがわかりにくい方法なので、とてもオススメです。そして話す機会を狙って、「先生はどっちが似合うと思う?」と質問を投げかけてみましょう。

 

いかがでしたでしょうか?

先生への恋愛は、アピールする隙がなくなかなか大変なことも多いと思います。筆者も中学生の時に好きな先生がいましたが、仲の良い友達同士で知れ渡っていたため、堂々とアピールをし大失敗した苦い経験があります。冒頭にお伝えした通り、生徒から表立った好意を伝えられると先生は立場上どうしても一定の距離を置かざると得ません。

ですので、気持ちをアピールする際はさりげなく行うことがカギになってくるでしょう。なかなか進展できず辛いこともあるかもしれません。ですが、生徒と結婚した先生というのも意外といるのです。女性は恋をすることで魅力的になれます。頑張りましょう!

 

まとめ

先生が好きな事を誰にもバレずにアピールする7つの方法

・ 手紙を渡す
・ イベントを利用する
・ 得意分野を教えてもらう
・ 担当科目の1位を取り続ける
・ 先生が顧問をやっている部活のマネージャーになる
・ アイコンタクトを取る
・ イメチェンを頻繁に行う





コメントを残す

Required fields are marked *.