LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

束縛する彼氏と別れたい時に効果的な7つの心理作戦

by mai | 0 comments

束縛する彼氏と別れたい時に効果的な7つの心理作戦出会いがあれば別れもあるのが恋愛です。かつては大好きだった彼氏でも、いろんな面をしって気持ちが変わり別れたいと考える事もあります。

少し悲しく感じるかもしれませんが別れがあれば次の出会いもある、それが恋愛です。だからこそ、別れには慎重にはなりたいですよね。

「別れたい」そう思っても、情もあれば習慣になっている事もあるし、なかなか行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

結果、ズルズルとした付き合いになり、ドロドロとした別れになってしまったりして、次の出会いどころか後の人生にまでマイナスの影響を及ぼしてしまう事もあります。

そこで、別れたいけど話を切り出しにくい方へ彼氏と上手に別れる方法についてお伝えします。真剣に別れたいと考えている方は一度ご覧になって下さい。



 

束縛する彼氏と別れたい時に
効果的な7つの心理作戦

 

優しさを捨てる


ます、別れると決めたら優しさはどこかに捨てさってください。中途半端な優しさはお互いの為になりません。

別れを心に決めているにもかかわらず下手に優しくしてしまうと返って相手を傷つけることにもなりますし、傷ついた彼を見て決心が揺らぐ事にもなりかねません。

ですので、別れることを決心したならば彼への優しさはきっぱりと捨てましょう。彼にどんな言葉を掛けられても、彼にどんな態度をとられても、ぶれてはいけません。

絶対に優しくしてはいけません。これは鉄則です!!

 

物理的に距離をとる


大きなトラブルなしにあとくされ無く上手に別れる為には、たっぷりと時間を掛けて臨むつもりでいましょう。

付き合った時間分、積み重ねている思いがありますよね?それを少しずつ整理して、二人の心の距離を離していくわけですから、時間を急いでもなにも進まないと思っていた方が良いです。

また、急に別れを切り出すのは絶対にやめましょう。

最近のニュースでも度々あるように、納得がいかない別れは相手をストーカーへと成長させたり、激高して刺されるなんて事もある世の中です。

前兆のない突然の別れは、相手の心にどれだけ負担を与えるか考えてみてください。すぐにでも別れたい気持ちは理解できますが、ここはグッとこらえてじっくり対応しましょう。

連絡の返事をできるで遅くする、返事をしない・・・といったように、徐々に距離をとりましょう。

 

彼の好感度を下げる


あなたの好感度を下げれば下げるほど別れる方向へむかいます。

彼と別れたいと考えているあなたの気持ちは冷めているのですが、彼の気持ちはそのままなので、彼の方の好感度を下げれば良いだけですよね。

メールは「うん」「わかった」といったそっけない一言で返す、デートは女友達や家族との予定を沢山つくり彼氏と遊びに行く頻度を減らすなど、これまでごく当然の様にやっていた事を少しずつ止めていくとよいでしょう。

「最近、冷たくね」と言って来たり思わせる事ができれば第二段階は成功です。別れたいと思ったら、好感度を下げることです。

 

相手に嫌われる


好感度を下げても相手に響いていないようであれば、極端に嫌われるしかありません。元々、あなたへの好感度が高いと好感度を下げるだけではちょっと「機嫌が悪いのかな?」くらいでなかなか伝わらないこともあります。

そこで、思い切って嫌われてしまいましょう。嫌われる事で相手に別れる理由を作り、かつあなたが悪者に成る事ができる為、彼の心の負担を減らすことができます。

方法はいたって簡単です。ただ彼が嫌うことをすれば良いのです。デートには1時間遅刻していく、ロングヘアを気に入ってくれていたのにバッサリ切る、などわかりやすい事を積み重ねていきましょう。

大切なことは、あまりにやりすぎて彼を必要以上に傷つけないことです。

 

こちらから連絡をしない


相手からの連絡に対しピタッと止めてしまうのは急すぎて危険ですが、既読スルーは効果的だといえます。

一見、既読スルーは「見てはくれているんだ」という安心感を彼に与えるようですが、別れるタイミングを見計らうには彼の言葉や気持ちの変化を見逃さないようにすることも大事です。

そのため、連絡をうければ聞いたり、見たりするのは必要だと言えます。次第に彼の安心感は返答のないことへの不安感や不信感に変わります。

特に、男性は無意味に待たされることに耐えられない人が多数です。わざわざ既読にするのは面倒で、彼の言葉も聞きたくないかもしれませんが、これは心理戦です。

情に訴えられても決して流されることなく、毅然としてブレることなくスルーしましょう。

 

彼からのプレゼントや思い出の整理をする


彼に関わる物を視界から遠ざけ、物に付着した彼との思い出を整理する事で、自分自身の気持ちを整理させましょう。

彼からもらったアクセサリー、雑貨、手紙など気に入っていたものも、そうでないものも、貰ったものはダンボールにまとめて、見えないところにまとめて置いておきましょう。

こうする事で、新しい出会いと新しい思い出で心を塗り替える準備をしていると言えるでしょう。

ただし、整理するだけに留めて、捨てるのはきっぱり別れるまで待ちます。最後に「今までのプレゼントを返せ」と言い出す器の小さい男性もいるからです。

後腐れなくするためにも、返せと言われればきっちり返せるようにしておきましょう。

 

冷却期間を提案する


じっくり時間をかけても伝わらない時、いきなりお別れの言葉よりも冷却期間を提案してからの方がダメージが少ないでしょう。

一週間でも二週間でも良いですが、全く連絡しない期間を持ってみてください。

彼に、別れを受け入れる準備をしてもらいましょう。この期間を提案するも、上記の六つの方法を実践した後だとより効果的で、スムーズでしょう。

 

いかがでしでしょうか?

別れを決めた以上、覚悟しなければならないのは、自分が「いい人」でいることはできない、ということです。

一度恨まれたとしても、あなたとの恋愛を経て成長し、次の出会いへ進むことができるのがお互いにとって最良の未来です。

そのためには、きっぱり別れる事が大前提です。そして、別れた後は、一切連絡を取らないことが大切です。連絡を取っているとどうしても、気持ちが揺れてしまいます。

次の出会いの為にも心をしっかりもって、連絡を取らない事がお互いの為です。そして、相手の事、別れた理由などは口外しない事です。

まわりまわって、相手の耳に届いた時、嫌な気持ちになるのはお互い様です。円満に、明るい未来のために、後腐れのない別れにしましょう。

 

まとめ

束縛する彼氏と別れたい時に効果的な7つの心理作戦

・ 優しさを捨てる
・ 物理的に距離をとる
・ 彼の好感度を下げる
・ 相手に嫌われる
・ こちらから連絡をしない
・ 彼からのプレゼントや思い出の整理をする
・ 冷却期間を提案する





コメントを残す

Required fields are marked *.