LOVE 4 U

~女の子の恋愛雑学~

年下の彼氏を夢中にさせて長く付き合う7つの方法

by mai

年下の彼氏を夢中にさせて長く付き合う7つの方法
年下の彼氏と付き合う。それは新鮮なことであったり、不安に感じる人もいるでしょう。年齢の差が大きいほど、色んな想いがあるのではないでしょうか。相手がどういう人でも、あなたが自分らしくいられたら、それが一番いいことです。しかし簡単にいかないのが人と人の関係です。だからと言って深刻に考えすぎるだけではよい結果が待っているとは限りません。

年下の彼氏を夢中にさせて、長く付き合うにはどういう方法があるのでしょうか。年齢が離れていてもあなたさえしっかりした考えで接していたら、明るい付き合いのふたりになれるはずです。



 

年下の彼氏を夢中にさせて
長く付き合う7つの方法

 

その1: 相手に合わせ過ぎない、無理しすぎない

年下だということを気にしすぎたり、相手に会わせようとし過ぎてはいませんか。この世は流れのままになるものです。変に悩まなければ気楽な人生を歩めるということも理解していた方が、楽しい生き方に繋がります。もちろん相手に気を使った場合が良い結果になることがはっきり解っているなら、良くなるように取り組むべきです。

しかし相手がそれを望んでいないのに、自分の一方的な見栄や考え方だけで判断し、悩みすぎたり考えすぎたりしてはいけません。まずはあなたを選んでくれた彼に感謝してみましょう。

 

その2: 彼氏の顔を立て、受け入れる

相手が年下だというだけで、自分の方が正しいだとか何でも知っているというような態度をとらないようにしましょう。年齢だけに限らず、人と付き合うということは、全く違った家庭で育ち、違う考えのもとで成長してきたということです。付き合っている内に違和感を持ってしまうのは当たり前のことです。長い時間一緒に生活していくうちに次第に馴染んでいき、一つの形が出来る。それが家族と言うものです。

付き合っている過程で、自分が育った環境に疑問を持ったり、相手の家庭の良い所に気づいたりします。どちらが正解と言うより、自分自身が受け入れることを覚え、自分で判断できるようになっていくということなのです。相手を立てて受け入れていくということは、恋愛に限らず必要なスキルの一つなのです。

 

その3: 同じ趣味を持つ

同じ趣味を持っていると、それだけ長い時間同じ楽しみを共有出来ます。お互いが心から楽しいと思っている訳ですから、それだけで無理のない、自然なふたりでいられるはずです。絵を描くことでも、写真でもスポーツすることでも何でもいいのです、共通の好きなことを探し出すといいでしょう。好きなものが同じ人には親近感が湧きやすいものです。長く一緒にいても飽きが来なくてワクワク感が持てるはずです。それに話題もたくさんあるのでいい関係が続きます。

 

その4: お金は払ってもらう

食事などをした時にお金を支払ってくれる行為は男気の現れです。たとえ自分の方がたくさん稼いでいたとしても、素直に奢って貰いましょう。明らかに無理をしているようなら、時々は今日は臨時収入があったからなどの理由をつけて、お金を渡して支払ってもらってはどうでしょうか。

最初からお金を出したがらない男性もいます。そういう場合は、たまには持ち合わせがないことをつげ、支払ってくれるよう促してみてはどうでしょう。明らかにお金を出すことを拒むようなら、もしかするとお金だけが目的の可能性があるので、自分で見極める目を持てるようしたいものです。金銭の支払いが原因で態度が急変するようであるなら、お金で繋がっている場合はいいのですが、愛情での繋がりがないといつかは破局が訪れます。

 

その5: 流行に少し敏感になる

年齢を気にするのは、若さに対して羨ましく感じていたり、劣等感が湧いたりするのが原因なのではないでしょうか。一つの提案として“今を生きる”ということに焦点をあててください。過去の良い想い出に浸っていたり、若いころの古臭いファッションの感覚のままでいては、最初は少しのズレでも大きくなってしまうことも少なくありません。流行のものにも目を向ける今の感覚を眠らせないでください。

ただし自分が疲れるほど年下の彼氏に合わせることはないのです。自分自身が若さを無くさないくらいの、程よいセンスや感覚を残して今を大切にしていくといいのです。

 

その6: 年下=甘える、の考えを改める

年下の彼氏=甘えん坊の公式は捨ててください。彼を甘えるだけの人にしない方がイザというとき頼りになります。甘えん坊の彼氏だったら思いっきり甘えてもらっていいのですが、ちゃんとやってほしい所はメリハリをつけた方が相手の為になります。人は人と接して色んなことを学んでいくのですから、だたずっと甘えていくだけの人生を続けていくと、いつかそういう生き方に矛盾を感じて、あなたのいない場所へ行こうとするかもしれません。

 

その7: 年下の彼がいることを喜んで肯定する

年下の彼氏がいいとか、年上の方がいいとか、それを悩みの種にしないことです。後悔のない生き方を選んでください。クヨクヨしていることがいちばん生産性がないということを理解することです。今の彼氏が年下でも何も気にせず、年下の彼氏がいることが今の自分にベストであり、素晴らしいことだと肯定してください。色んな悩みや相手への勝手な思い込みを全部捨てていいのです。年上の自分も肯定してあげてください。

魅力的で素晴らしい人間だと自分自身に毎日言って、植え付けてください。 あなたが自信に溢れた人になることで、あなたを見る人の視線も変わるはずです。彼があなたを見る目線も変わるということです。

 

いかがでしたか?

そもそも年齢の差を気にすることが余計な考えなのかもしれません。1人の人間として何が大切か、何が相手の為になるのかをまずは考えてみてください。必ずあなたの中で答えが見つかるはずです。まず相手に求めるより、とことん相手の為になることを考えてみてください。与えた分だけあなたの元へ彼の愛情が返ってくるはずです。もしかしたら、その何倍もの大切なものが返ってくるかもしれません。あなたの未来はあなたしかつくることはできないのです。

 

まとめ

年下の彼氏を夢中にさせて長く付き合う7つの方法

その1: 相手に合わせ過ぎない、無理しすぎない
その2: 彼氏の顔を立て、受け入れる
その3: 同じ趣味を持つ
その4: お金は払ってもらう
その5: 流行に少し敏感になる
その6: 年下=甘える、の考えを改める
その7: 年下の彼がいることを喜んで肯定する


Twitter Facebook で この記事をみんなに知らせよう!




Comments are closed.